WordPressのインストール後にする初期設定5つ

WordPressの初期設定

WordPressでサイトを開設するには、次の6つのステップが必要です。

  1. サーバ契約とドメイン取得
  2. WordPressのインストール
  3. WordPressの初期設定
  4. テーマのインストール
  5. Googleツールとの連携
  6. プラグインのインストール&設定

今回からは、いよいよWordPressの管理画面にログインして操作を行っていきます。まずは、一度だけ行う初期設定を済ませましょう。

 

管理画面の扱いはちょっと難しく感じるかもしれませんが、慣れていけば大丈夫。
ではさっそく進めていきますね。

WordPressの初期設定を行う前に

WordPressの初期設定は、ステップ2までのインストール作業が終わっている必要があります。もしまだの場合は、下の記事を参考に準備をしてくださいね。

  1. エックスサーバーでサーバーを契約する
  2. ドメインを取得&設定する
  3. WordPressをインストールする

準備が整ったら、さっそくWordPressの初期設定を進めていきましょう。

何はともあれWordPressの管理画面にログインしてみる

これまでの手順で、ドメイン設定&WordPressのインストールから1時間ほど経ちましたでしょうか。

 

ブックマークしておいたWordPress管理画面のURL(例⇒http://取得したドメイン名/wp-admin/)にアクセスし、下のような画面が表示されればOKです。

 

ワードプレスの管理画面にログイン

ログイン画面が開けましたら、登録済の

  • ユーザー名
  • パスワード

を入力して「ログイン」ボタンをクリックしてください。

 

では、ログイン後の管理画面を見ていきましょう。

管理画面(ダッシュボード)の各パーツを紹介

ワードプレスの管理画面説明

では、WordPressの管理画面について、ご説明しますね。各パーツの名前はコチラ。

  1. ヘッダー部
  2. メインナビゲーション
  3. 作業領域

特に覚えていただく必要はないので「こんな感じなんだなー」ということがわかっていただければOKです。

 

ヘッダー部左上にあるおうちマークにマウスを合わせると、サイトを表示という文字が現れます。こちらをクリックしてみると、今のサイトの状態を確認することができますよ。

 

 

WordPressインストール直後は、次の画面のようなシンプルなサイトになっているはず。

ワードプレスの初期画面

Aoha

どんなサイトも、初めは「Hello world!」の状態からスタートするんです♪

WordPressの管理画面にログインできたら、初期設定を行っていきましょう。やることは、次の5つです。

  1. サイト名とキャッチフレーズの設定
  2. サイトのSSL化
  3. パーマリンク設定
  4. 画像の自動生成停止
  5. 検索エンジン表示設定

では、1つ目のサイト名とキャッチフレーズから設定していきましょう。

サイト名とキャッチフレーズを設定する

左側のメインナビゲーションにある「設定」から「一般設定」をクリックしてみてください。ここでは

  • サイトタイトルの確認
  • キャッチフレーズの変更

を行いましょう。

WordPressの初期設定画面

 

サイトタイトルは、WordPressのインストール時に設定したものが自動で入っていますので、内容を確認してください。


また、キャッチフレーズは初期値として「Just another WordPress site」となっています。検索結果で、あなたのサイトのトップページの説明として表示される文章になりますので、変更しておきましょう。

これらはいつでも修正できますが、重要なのは次のSSL化です!

サイトのSSL化を行う

↓の画面のように、WordPressがインストールされた直後のサイトはSSL化がされていません。

 

WordPressインストール後はSSL化されていない

Aoha

「保護されていない通信」と表示されているのが、SSL化になっていない証拠です。

そこで、先ほどサイトを確認した設定画面を見てみましょう。

  • WordPressアドレス
  • サイトアドレス

が、「http://」になっているので、これらを「https://」に修正してください。

 

WordPressのインストール後に行う初期設定

 

修正ができましたら、画面下方の「変更を保存」をクリックして反映させます。

 

 

反映されると再び元のログイン画面に戻りますので、始めと同じようにログインをしてくださいね。

SSL化が出来ましたら、次の設定を行っていきます。

パーマリンクの設定をしよう

WordPress初期設定の2つ目は、パーマリンクの設定です。

パーマリンクとは、ブログ記事(投稿ページ)を更新したときに自動的に割り当てられるURLのこと。

 

こちらのパーマリンク設定画面では、URLをどんな形式にするかを選択することが可能。
つまり「https://ドメイン名/パーマリンク設定で選べる形式」となります。

 

一番スマートなURLは、

「https://web4mom.com/howto-install-wordpress」
(ワードプレスのインストール方法)

など、記事内容を簡潔に表していて意味が伝わりやすいもの。

 

つまり、パーマリンク「投稿名」に設定して、半角英数字にするのが理想と言えます。

ただし、

「記事の内容にぴったりかつ、 
 シンプルで伝わる英数字のタイトルを設定する」

という作業をすべての記事で行う必要あり。

 

投稿名に設定しても、何もしないとURLが日本語のままになってしまいます。
日本語のURLは、長くて意味不明なURLに自動変換されてしまうので注意。

例)https://web4mom.com/cfc?e%153c6d%cb%d30dc3%

 

そこで、私のおすすめのパーマリンク設定は数字ベース。

  1. いちいち英語タイトルを考えなくていい
  2. 投稿やタイトルを書き換えても違和感なし

という利点がありますよ。

 

ワードプレスの管理画面でパーマリンク設定

パーマリンクは、一度設定すると後で変更するのがとっても大変です。
検索結果にも影響が出てきてしまうので、初めに設定したら変えないようにしましょう!

Aoha

ウェブマムのパーマリンクは初めに投稿名を設定したため、毎回悩みながら考えてます!

では4つ目の設定として、画像の自動生成停止設定を行っていきましょう。

画像の自動生成を停止しておく

WordPressで画像を取り込むと、同じ画像を自動で色々なサイズで複製してくれる機能があります。

なんと1つの画像につき、

  • フルサイズ
  • 大サイズ
  • 中サイズ
  • サムネイルサイズ

という4つのサイズを作ってくれます。(元々画像が小さいサイズの場合は、生成されないサイズもあり)

 

これって便利なようで、実は不要な機能。
利用しない画像が何枚も増えると容量のムダですよね。

 

そこで、この画像自動生成機能は停止しちゃいましょう。

 

停止するには、ダッシュボードの「設定>メディア」をクリック。
メディア設定で、画像サイズをすべて0に設定します。

 

画像自動生成の停止

 

Aoha

ブログ一覧画面で利用する可能性があるため、「サムネイルサイズ」のみ残しておくのもあり。

変更したら、「変更を保存」のボタンをクリックして完了。
これで、勝手に色々なサイズの画像を複製されることがなくなりました。

 

では初期設定の最後の項目も確認していきましょう。

サイトが作成途中の間は検索結果に出ないようにしておこう

最後に設定するのは、「設定」ー「表示設定」にある「検索エンジンでの表示」です。

 

WordPress初期設定 未完成の間はインデックスされないように

 

Googleなどの検索エンジンは、毎日インターネット上をうろうろ巡回してページをチェックしています。

 

未完成のサイトを覗いてほしくない場合は、こちらの

「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」

にチェックを入れてから、変更を保存しましょう。

 

サイトが整って記事を投稿する時には、再びこのチェックを外すことを忘れないようにしてくださいね。

 

以上で、初期設定はおしまいになります!
では最後に、今回の内容を振り返ってみましょう。

WordPressインストール後の初期設定まとめ

今回は、まずWordPress管理画面へのログインをしてみました。さらに、最初に行う設定として・・

  1. サイト名とキャッチフレーズの設定
  2. サイトのSSL化
  3. パーマリンク設定
  4. 画像の自動生成停止
  5. 検索エンジン表示設定

を、お伝えしました。

 

WordPressデビューをしてすぐは少し難しく感じるかもしれませんが、慣れていけば大丈夫!

続きましては、サイトのデザインを決定するテーマをインストールしていきます。

WordPressでおすすめのテーマとインストール方法