WordPressとアメブロを同期したいならアメーバプレスPro!ボタン1つでぽちっと簡単?





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1799145316614496"
data-ad-slot="4731555571"
data-ad-format="link"
data-full-width-responsive="true">

Wordpressとアメブロをボタン一つでぽちっと同期する
「Wordpressでブログを書いたらアメブロにも載せたい。簡単に連動できる方法ってないの?」

ワードプレスとアメブロ、同時に運営するにはどうすればスマートなのか悩んじゃいますよね。

アメブロなどのSNSとワードプレスを上手に使い分ける方法 では、それぞれを連携する3つの方法をお伝えしました。

中でも、とにかくアメブロ読者にストレスをかけたくない場合の手法が、ワードプレスの記事全文を引用するやり方。

そこで今回は、アメブロからワードプレスで書いた記事全文をボタン1つでアメブロに同期するプラグイン“アメーバプレスPro”をご紹介したいと思います。

 

月額わずか380円のプラグイン。アメーバプレスPro

ワードプレスとアメブロを連携するプラグインはいろいろありますが、月額2890円と高額だったりするんです。

なんと自動で読者登録したり、いいね!をしたりする機能があったり、ロボット的でちょっとこわくなっちゃうほど。。

 

読んでもないのに自動で「いいね!」って、機械的過ぎてやりたくないなーと思っちゃう。
ブログ記事を同期したいだけなら、「アメーバプレスPro」がお手軽です。

操作もシンプル&簡単、費用も月額380円(税込)つまり一日10円ちょっと。リーズナブルな価格だと思いますよ。

インストール方法と使い方

まずアメーバプレスProのサイトで購入手続きをすると、メールが送られてきます。そちらにある手順通りにインストール後、ワードプレスの管理画面からアクティベーションキーやアメブロIDをパスワードなどを入力するだけ。

Wordpressとアメブロを簡単に同期・連動するプラグイン

アメブロとの連携方法

アメブロと同期させる手順はたった一つ!

管理画面右側サイドバーに、「アメーバプレスPro」というエリアが現れるのでこちらの「アメブロに同時投稿する」にチェックを入れて投稿します。
これだけでワードプレスで書いた記事がアメブロと同期できるようになります。

Wordpressとアメブロを簡単に同期・連動するプラグイン

表示方法は2通り

「全文表示」タイプ

本文を全文アメブロにも表示する場合は、手順ゼロ!
何もせずとも、本文を書き終えて投稿するだけで全文が表示され、本文の最後に「引用元:○○○」というリンクが表示されます。

 

Wordpressとアメブロを簡単に同期・連動するプラグイン

「続きはこちら」タイプ

まず、アメブロには本文の冒頭のみを書いておいて、「続きはこちら」とリンクを張る方法です。
文章の途中で、その名も『「続きを読む」タグを挿入』ボタンを押します。

 

Wordpressとアメブロを簡単に同期・連動するプラグインで「続きを読む」

 

すると、以下のように本文中に「—- MORE —-」という区切り線が表示されるようになります。

ここから上の部分のみがアメブロに表示されるという意味です。

 

Wordpressとアメブロを簡単に同期・連動するプラグイン「続きを読む」

この状態で公開すると、下のように本文の途中で、本文へのリンクが表示されます。

 

Wordpressとアメブロを簡単に同期・連動するプラグイン「続きを読む」

 

利用する際のコツ3つ

画像の幅

アメブロにはレイアウトとして2カラムと3カラムがありますね。

 

Wordpressとアメブロを簡単に同期・連動する_アメブロのレイアウトは2カラムと3カラムがある

ご自分のブログのレイアウトによって、ワードプレスで載せる画像の横幅を調整する必要があります。

 
  • 2カラムの場合、575px
  • 3カラムの場合、380px
※ウェブマム調べ

 

これより大きいサイズで投稿すると、PC画面で見たときに、画像の右端部分が切れて表示されてしまいます。(スマホ画面でみると問題ないですが。)
しかし、PC画面で見ると画像が400pxだとすこし小さく物足りないかと思いますので、写真を大きく載せたい場合は

 
  • 3カラムで、「続きはこちら」でワードプレス側でみてもらう
  • 2カラムで、画像幅575px以下にして全文表示する
 

という対策ができるかなと思います。

どちらにしても、画像をアメブロ側でも表示させたい場合はワードプレスでサイズを調整してから公開すればOKです。

アイキャッチ画像の位置

ワードプレス側で「アイキャッチ画像を設定」して投稿すると、アメブロ記事では本文の前(タイトルのすぐ下)に設定した画像が自動で挿入されます。
ですので、アイキャッチ画像に設定した画像を、本文にも載せますと、アメブロ側では記事の中に同じ画像が2つ表示されることになるので注意しましょう。

これはアメーバプレスProの仕様とのことで、問い合わせたところ下記の回答をいただきました。
お問合せありがとうございます。

アイキャッチを設定した場合アメブロのタイトル直下に
投稿される仕様になります。

あまり気になるようでしたら、
wordpressのダッシュボード、左メニューの【アメブロ設定】で
アイキャッチ画像を投稿しないというオプションにチェックを入れて
頂ければアイキャッチ画像をアメブロに投稿いたしません。
結果的には、wordpressでアイキャッチ設定をしていても
記事本文のみ投稿されます。

ハッシュタグは後から

ワードプレスで設定できる「タグ」とアメブロで設定する「ハッシュタグ」は、もしかして同じかな?と思いましたが、これは別物なので連動はできません。
アメブロでハッシュタグを設定したい場合は、一度公開したあとで、記事の編集画面で一つずつ設定しましょう。

まとめ

少しのコツさえ押さえれば、ワードプレスからアメブロの記事連動が簡単にできるアメーバプレスProをご紹介しました。

アメーバプレスProには2週間の無料お試し期間もあるので、やってみて、いろいろと操作をしてみるのもいいと思います。

ワードプレスでブログを作っていれば、SNSへの投稿も自動で簡単にできちゃいますので、SNSと独自サイトのどちらのメリットも得て上手に利用しちゃいましょう。


ただし、WordPressとアメブロ・SNSを上手に使い分ける!連携するための3つの考え方 でもお伝えした通り、全文を引用する方法は検索エンジンの意図には反すると考えられます。

すべてのユーザーに平等に有益な情報を提供したいGoogleとしては、丸々同じ内容を引用しているページを低質と判断するかもしれません。

そのあたりのことが気にならないのであれば、アメブロ読者に何の違和感もなく記事を読んでもらえるという点でメリットがありますね。


アメブロの仕様変更の影響も受けやすいプラグインになります。ご利用は自己責任でご利用くださるようお願いします。

この投稿はコメントできません。