ネットとリアルが1つになって起こる奇跡

先週末、小6の長男と「竜とそばかすの姫」を観てきました。

周りの人から
「音楽がいい」「泣ける!」と聞いていた
細田守監督のアニメ映画。



仮想世界と現実世界がリアルに表現されていて、2時間どっぷり世界観に浸っちゃいました‥。。

そこで本日は、映画を通して感じた

  • 本当の自分を出す強さ
  • 仮想世界と現実がつながる奇跡

についてお話したいと思います。

自己発信についても大きな気付きがあったので
あなたとも共有できればうれしいです!

あおは

少し映画のネタバレを含んでいるため
これから観る予定の方は注意してくださいね。

まずは、この映画のあらすじを
少しお話したいと思います。

主人公は、小さい頃に母親を亡くしたショックで
歌えなくなった高校生のすず。

物語は、すずが仮想世界<U>で
自分の分身=べルとなり、
美しい歌声を取り戻すところから始まります。



<U>の中で超有名歌手になったベルは、
狂暴で傷ついた「竜」と出会い、

竜を救うために、同級生と協力して
現実世界と<U>を行き来しながら動き出す!

自分の分身が生きる<U>の中では、

もっとも恐れられているのが、
現実世界の自分=正体をばらされること。

あなたは、すでに持っているブログやSNSで
もしくはこれから始めるにあたって

等身大の自分で発信していますか?

ネットの世界でも、本当の自分を出せますか?

実は、本心よりも頭で考えて、
人に合わせた発信になっていることって
多いんじゃないかなと思うのです。

でも、本当の自分を隠したままでは
大切な人に信じてもらえず、
相手の心を動かすことはできないんですよね。

すずも、ベルの姿では信じてもらえないと悟り

竜を救うために覚悟を決めて奮い立ち、
ありのままの自分をさらけ出しました。

あおは

一緒に映画を見た息子も、
このシーンが一番印象的だったそう

そして、すずのまっすぐな気持ちは伝わり、
竜の閉ざした心を解きほぐします。



誰かを救うパワーやエネルギーとなるのは
自己開示する勇気
なんですね。

映画の中でも、心からの想いは相手に伝わり、
その想いが現実世界で繋がったときに、奇跡が起こりました。

ブログやSNSでも、
心から感じることを勇気を出して伝えることで

説得力や影響力が強まり、
思いもよらないリアルな出会いにつながるもの。

私のメルマガを読んでくださっている方は

自分の得意なことや経験を活かした発信で
誰かの役に立ちたい、自分の可能性を広げたい!

という方が多いと思います。

インターネットという見えない世界では
想いを隠して、ウラオモテが違う状態で
発言することも可能ですよね。

逆に、相手を無視して
自分の言いたいことばかり言うこともできちゃう。

でも、必要とする人に届き、共感されるには
正直に本当の想いを伝えること。

人の心を動かし、勇気を与えるのは
本心からの迷いのない言葉
です。

実際、頭で考えた正しい文章より、
「本音」のほうが心に刺さるんですよね。

私がこれまでに書いたブログでも

子育てに真剣に悩み、過去の自分に伝えたい!
と思って書いた記事は、思わぬところでシェアされたり

同じ悩みを持つママから
「心が軽くなりました」
「励まされました!」
と、たくさんの共感メッセージをいただきました。

逆に、本心とずれた発信をしてしまうと
価値観の合わない方に届いてしまい
批判を受けることにもなりかねません。

リアルでもネットでも、相手を想いながら
本当に感じていることを発信していきましょうね!

ちなみにこの映画では、
主人公が「母親の死」を克服していく姿も描かれていて。。

後半になるにつれ、
母の「命を懸けた勇気と優しさ」が
すずに受け継がれていることが伝わって・・涙!

母親目線で思わず感動しちゃいました。

バーチャルな世界と現実世界の捉え方についても
考えさせられる内容であり、

美女と野獣の要素もありつつ、
青春ストーリーもよかったです!

音楽にも引きこまれて
ここ数日は頭の中から離れません・・。

映画や本で世界観にハマることは心と頭の栄養ですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる