お客様との出会いにつながるキーワード選び!自分で考えなくていいんです!

キーワード選定 初心者
こんにちは。ママメディア構築インストラクターのAohaです。
ブログ記事を書くために、欠かせないのがキーワード選定。

内容は同じなのに、選ぶキーワードが違うだけで

『検索順位 → アクセス数 → お客様との出会いの数』が、全く変わってくることをご存知でしょうか。

もちろんキーワードばかりにとらわれすぎる必要はありませんが、キーワード選定はアクセス数を左右するキモの作業!
ぜひ今からお話しすることを参考にキーワードを選んでみてくださいね。

あなただけのキーワードリストを手に入れよう

小さなお店や教室を経営しているあなたにとって、選ぶべきキーワードの条件は2つです。
  1. 実際に検索されている言葉の組み合わせであること
  2. 検索結果に表示されるページ数が多すぎないこと

つまり、求めている人がいるのに、答えているページが少ないキーワードがねらい目です。


あなた
需要があって供給が少ないキーワードに対して、読者へのお役立ち記事を書く。
検索エンジン
ページを評価し、検索結果に表示する。
読者
あなたの記事を読んで満足する。
検索エンジン
ページの検索順位を上げる。さらにあなたのサイト全体の評価を高める。

あなたのお役立ち記事が読者から評価されると、Googleにも評価されて上位にあがる。
すると、さらに多くの人から読まれ、お客様との出会いにつながるというストーリーです。


Aoha
Aoha

読者からの評価は、そのページを何分くらい読んでいるか(滞在時間)や、あなたのサイトの他のページも読んでいるか(直帰率)などで判断されます。


では、キーワードとはどういうものなのか、具体的に見ていきましょう。

読者に検索されるキーワードはどんなもの?

あなたも日常生活の中で何か知りたいことがあった時、検索していますよね?



知りたいことがズバッと書かれているページにいち早くたどり着くため、

「牛肉 キャベツ レシピ」とか

いくつかのキーワードを組み合わせて検索しているのではないでしょうか。



キーワードは2語、3語と組み合わせて検索されることがほとんど。


つまり書き手は、読者が絞ったキーワードに対する答えを書けばいいというわけなんです。


Aoha
Aoha

組み合わせる言葉が多いほど、読者の知りたいことが絞られます。つまり、提供すべき内容が明らかになるというからくり!



Aoha
Aoha

なかなか必要な情報にたどり着けない記事構成になっていると、即「サヨウナラ」されてしまうので注意。詳しくは、集客ブログ初心者でもサクサク書ける!記事の書き方テンプレート をご覧ください。




では、実際にどんな言葉の組み合わせが検索されているのかを見ていきましょう。

自分の頭で
「うーん、こうかな、違うかな・・」と、悩む必要はありませんよ。

無料のツールを使いましょう。

リアルなキーワードはツールで見つけるべし

キーワード検索
あなたが設定するのは1語目だけでOKです。

あとは無料のツールを使って、どんどん言葉の組み合わせを探っていきますよ。


私のおすすめは次の2つの無料ツール。

  • 関連キーワード取得ツール
  • Yahoo!虫眼鏡


まずは1つ目のツールからご紹介しますね。

1)関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得ツールは、2語目や3語目を自動で抽出してくれる無料ツールです。

しかも、表示されるキーワードはすべて実際に検索されているリアルな言葉の組み合わせ
なんともありがたいツールですよね。


使い方も、検索窓にキーワードを打ち込むだけと、簡単です。

ブログ キーワード 選び方 サジェストツール

Aoha
Aoha

1語だけ入れてもいいし、2語でも需要があれば出てきます。「牛肉 キャベツ」なら3語目と組み合わせたキーワードがこんなにたくさん!



無料ツールの2つ目は、Yahoo!虫眼鏡です。

2)Yahoo!虫眼鏡



Yahoo!で検索すると、結果ページの上下に検索ワード候補が出てくる機能、あなたもご存知ではないでしょうか。

ここに表示される候補も、実際に検索されているリアルなキーワードなんです。


Yahoo!虫眼鏡で表示されるのは、検索窓に入れたキーワードに関連性が高く、検索頻度の高いキーワード



Aoha
Aoha

例えばあなたがエステサロンのオーナーなら「脚痩せ」で実行してみるとか。思いもよらないキーワードが見つかること間違いなしです。


さて、ここまでであなたのブログ記事の材料となる、キーワードリストをゲットすることができたはず。


では、これらのキーワードはいったいどのくらいの人が検索しているのか。

実際月に何回くらい検索されているのか(月間検索ボリューム)を確認するツールもありますよ。


使用するのは、Googleが広告主向けに提供している「キーワードプランナー」というツール。

月間何回くらい検索されているキーワードなのか、無料で調べることができます。


結果に表示されるのは次のざっくりとした回数。
  • 10以下
  • 10-100
  • 100-1000
  • 1000-1万
  • 1万-10万

先ほどの関連キーワード取得ツールに「牛肉 キャベツ」を入力してゲットしたキーワードを入れると、この通り。

ブログ キーワード 選び方

Aoha
Aoha

「牛肉 キャベツ ピーマン」より、「牛肉 キャベツ しめじ」の検索数の方が少ないのね。



ツールで見つけたキーワードは実際に検索されているものばかり。
とは言え、せっかく書くなら、なるべくたくさんの人に読んでほしいですよね。


そのためには、ほとんど検索されてないものより、少なくとも10-100程度のボリュームのあるものを選ぶといいでしょう。


ここまで、ある程度需要のある、かつリアルな検索キーワードを選ぶ方法をお伝えしてきました。

いくつかキーワードの候補が絞られてきたところで、ざっとライバルチェックもしちゃいましょう。

需要のあるキーワード、現在の検索結果はどうなっている?

キーワード選定 初心者

読者に求められているキーワードがリストアップできたら、現時点での検索結果を見ていきます。

Aoha
Aoha

Googleで実際に検索してみましょう。いわゆるライバルチェックですね。


ここで確認したいのは、ざっと次の2点。

  • 結果に表示されるページ数が多すぎない?
  • 上位表示されているページの質や量は?


では具体的に見ていきましょう。まずは、1つ目は結果に表示されるページ数です。

ライバルは少ないほうが有利

ここでなるべく供給数が少ないほうが、あなたのブログ記事が上位表示されるチャンス大。


例えば、「ハワイ 子連れ」の2語だと約5,060,000件と500万件を超えるページがヒットします。

ブログ キーワード 選び方



しかし、「ハワイ 子連れ 持ち物」の3語で絞って検索してみると、約101,000件にぐっと減りますね。

ブログ キーワード 選び方

ライバルチェック2点目としては、上位表示されているページの内容をチェック!

1ページ目に上位表示されているのはどんな記事?

あなたの記事が上位を目指すとき確認したいのが、現在1ページ目にある記事の中身です。

具体的には
  • 無料ブログや質問サイトがないか
  • 記事の質と量は十分か

をチェックしましょう。

まず、アメブロライブドアブログといった無料ブログが上位の場合は、お役立ち記事に仕上げたあなたのページが追い抜ける可能性大

教えてgooYahoo知恵袋といった質問サイトが上位にある場合も、適するページがない証拠なので狙い目です。


さらに、引用ばかりのまとめサイトも狙い目。

以上のチェックを経ることで、あなたのブログにアクセスを集めるキーワード選びの完成です。

では、今回の内容をおさらいしてみましょう。

まとめ

あなたのブログにアクセスを集めるキーワードの条件は、次の2つでした。
  • 実際に検索されている言葉の組み合わせであること
  • 検索結果に表示されるライバルが多すぎないこと

つまり、キーワードに対して需要は多いけど、供給が少ないものを狙っていくのがベストでしたね。

需要のあるキーワードをピックアップするツールとして

  • 関連キーワード取得ツール
  • Yahoo!虫眼鏡

をご紹介しました。ぜひ、思いつく言葉をもとにキーワード探しを楽しんでみてくださいね。


また、実際検索数を調べるためにはGoogleのキーワードプランナーを使いましょう。


ある程度キーワードがリストアップできたら、今の検索結果がどうなっているかも要チェック。
次の項目を満たすほどねらい目のキーワードでしたね。

  • 検索結果ページ数は少ないほど〇
  • 1ページ目にに無料ブログ、質問サイトがある
  • 上位の記事がイマイチ

キーワードは自分の頭で考えず、ツールに頼って見つけるのがキモ。


「これって、何が知りたいの?」

と、自分の頭の中にはなかった意外なキーワードや、

「なるほど!こんな言葉で検索されてるのねー!」

なんて驚きのキーワードに出会えたりしますよ。


ぜひ試してみてください。

ただし、キーワードばかりを気にしてブログが書けなくなってしまうのでは本末転倒

初めは慣れも必要なので、書けそうと思ったキーワードにはどんどんチャレンジしてくださいね。

Aoha
Aoha

後からいくらでも修正できるのがワードプレスのいいところ



長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。